忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

森本あき「姫君は海賊にさらわれる」

森本あき「姫君は海賊にさらわれる」を読みました。

いつもながら、めちゃくちゃな設定で、ゆるい世界観です。
悪くはないんだけど、面白いまでもいかず・・まあまあという感じです。
主人公二人の心を通わせるところが少ないというか、やはり特殊な世界だというところに説明が多くなったので(多いといっても余白スカスカですが)、人物を描き切れていないというか・・

そのため、恋愛よりも、世界観が気になりました。
30世紀を舞台に・・ほとんどの大陸が沈んだと言う設定。
東日本大震災を経験しているからこそ、ありえない話ではないな・・と怖くなりました。
でも30世紀だったら、ほとんどの人が死んでしまっても、もっと文明は進んでいると思うけど。
かなりアナログの部分が多くて、その緩さに森本作品らしいと思いました。

最後、セイがわざわざ家族の元に戻ってお別れを告げるシーンって必要だったのか?
何か燃料も時間も無駄だと思ってしまいました^^;

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする