忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

道尾秀介「満月の泥枕」

道尾秀介「満月の泥枕」を読みました。

読み終わって何ですが、正直、めっちゃつまらなかったです。
もう無駄に分厚くて、早く読み終わりたいと感じてイライラしました。

ボロクソに書いていますが、私は道尾作品が作家としては3本の指に入るくらい好きなんです。
しかし直木賞を取った後に発売された作品はかなり裏切られた感がり・・・
正直、ちょっとファンを辞めようかと考えています。
あ~昔の作風が読みたい!!

でもまあ、今回の作品は新聞に掲載された小説なので、ぶつ切りになったり、無駄に長いというのはしょうがない部分もあります。
ただ、ストーリーが全体的に魅力なし。出演者も魅力ない。
ということで・・つらかったです、本当に。

子供を自分のせいで死なせたというトラウマを持っている主人公が、自分を罰するために無意識に自堕落な生活をしている。
そういうところはいいのですが、結局最後も立ち直るまでにはいかない中途半端でした。
そして色々伏線があるのですが(駐在さんが読んでいる小冊子、ゴミを投げ捨てる)などなど・・
それが回収されても、全くすっきりしない読後感。
へえ~という冷めた感じになってしまいました。

ということで、この本はもう読む必要はないな・・・と思った感想でした。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする