忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

水月真兎「艶色キネマ花伝」

水月真兎「艶色キネマ花伝」を読みました。

感想は、可もなく不可もなくといった感じで・・特に盛り上がりもなく読み終わったという感じです。特に面白いと感じるところもなかったし、残るものはありませんでした。

老舗呉服屋の跡取り息子である若旦那と、日本人の血を引くハリウッドスターの恋愛。
ハリウッドスターって、日本の芸能人よりもかなり遠く離れた存在だということもあり、読んでいてリアル感を感じることができませんでした。
ハリウッドで日本人が通用なんてしないだろうという気持ちもあって、入り込めませんでした。
そして何より着物に全く興味がないのも、はまれなかった理由です。
着物に関して色々描写がありましたが、うーん・・・興味がないので流し読み。
着物や京都が好きな人なら、もう少し楽しめたように思います。

恋愛面でも、一目ぼれから始まって、いつのまにか体の関係にというもの。
これって自然な流れみたいに描写しているけど、違和感感じるよなあ。
男女ならまだしも、男と男なんだし、もっと葛藤あるでしょうと冷めた目で読んでしまいました。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする