忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

水月真兎「王は考古学者の虜」

水月真兎「王は考古学者の虜」を読みました。

なかなか面白かったです、満足しました!
水月真兎さんの作品は今までに冷たい砂シリーズやエンドレスシリーズを読んできました。
それらのシリーズ作もなかなか面白いのですが、なぜか手に取ることが少ない作家です。
たぶん、題名と評し絵が、どちらかというとバタ臭い感じがするからのようです。
でも読んでみると面白いものが多いという印象です。

あとアルルノベルズというのがもう廃刊になったんだったかな??
以前からアルルノベルズは書店で取り扱っているところが少ないのも、手に取りにくい作家になっている原因だと思います。
この作品もすでに出版者がないので、ブライト出版のノーズキーノベルズの電子版で配信されています。

今作は題名のとおり、王が訪れた考古学者に一目ぼれをしたような感じなので、とにかく甘いです。考古学者も昔の恋についてはしっかり片を付けているので、恋愛的な葛藤がない分、穏やかに楽しむことができました。
初々しいHなところが、かわいかったと思いました。

おそらく最初に王が見せてくれた指輪が本物だろうと思っていたし、おそらく本当に悪い奴はジョナサンだろうと簡単にめぼしがつく展開なので、どきどき感はなかったです。
ただ白い鳥や、王が動物と話しているなど神秘的な感じが好きだったので最後まで楽しめました。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする