忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

水月真兎「恋する銀狼」

水月真兎「恋する銀狼」を読みました。

以前、ラキアノベルスで「月齢0のムーンチャイルド」という題名で発売されていたものが、リンウスロマンスで出し直しになったものです。
ラキアノベルスも廃盤になったからなあ・・

感想としては、面白かったです。
ただ主人公よりも、周囲にいる複数の脇キャラが魅力的に描かれていたので、すでに前作があったのか、もしくはスピンオフシリーズをやる気満々で書かれたのかと勘繰るぐらいでした。
実際にリンクスロマンスで出し直しになったとき続編を考えられていたようですが、今のところ発売されていません。話が流れてしまったのかな?
キャラが立っていただけに残念です。

話としては、オオカミの血を引く主人公の朔夜と、小さい頃からかくまっていた保護者である坊主のラブストーリー。
坊主は清廉潔白なふりして、実はかなりむっつりなところが面白かったです。
大人のずるさとかもあって、もっと早く朔夜を安心させてあげてよ!とは思いましたが・・。

ただこういう獣人系の話はBLでは多いですが、それらと比べると盛り上がりが少なかったかなーと思います。
朔夜はオオカミの血を引いているけれど変身するわけではなく、ただ月の満ち欠けによって体調が左右されるだけなので、物足りない感じがしました。

兄との関係も微妙でしたし、最初は朔夜の性格がやんちゃだったのに、いつの間にかぐるぐる悩む子になってて、少し違和感がありました。
朔夜の正体を知った医者などのエピソードも弱かったかな・・

まあ、でもまあまあ面白かったので、続編が出たら読みたいなあと思いました。 ブロトピ:BL小説・漫画の感想
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする