忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を読みました。

読書メーターで読んだ人の数が圧倒的な作品だったので気になって購入しました。
感想としては、頭がこんがらがってしまいましたが、まあまあ面白かったというものです。

今までにパラレルワールドや過去から来た、未来から来たという設定は小説で沢山ありましたが、この作品はパラレルワールドからきて、尚且つ時間軸が逆に進む話だったので新鮮さがありました。

同じ年齢に交わった時だけ恋愛関係になるという切なさがありました。
もっとエグい小説なら、歳の差カップルとかアリな感じがするけどなあ。
あっさり読めますが、もっと両親との関係や友達との関係を深く突っ込んでほしかった。


100万部以上売れている大ヒット作品のようですが、そこまで重みがある作品かと言われたら、それは違う~と思います。
おそらく京都というだけで、無条件に好きだと言っている人が多いように感じました。
日本人はなぜか京都というだけでバイアスがかかってしまうからねえ。


映画化もされてすでに公開中とのことですが、主演が福士蒼汰さんか~
福士蒼汰さんは格好良いですが、小説の雰囲気はちょっと違う気がします。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする