忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

剛しいら「誰にも言えない」

剛しいら「誰にも言えない」を読みました。

90年代に発売されていた作品です。
剛さんって活動長いなあ・・
バニラ新書って、私は2冊目かもしれません。
1冊目は、水壬楓子さんの「クロイツェルンソナタの夢」だったかな?
文章の中に挿絵がぶち込んであるので、へ~珍しいと思った記憶があります。
そしてこの作品も一部ですが、挿絵と文章が混ざっていました。
私、結構こういう感じが好きですが、今はないですね・・

内容的には、まあまあの面白さでした。
ただね・・私の大嫌いな、姉の元カレが恋人になるという設定ですよ。
しかも姉と寝ていたとばっちり書かれていて・・あ~という感じです。

主人公のミナトは盲人ですが、最初ははかない人かと思っていたら、とんでもない!
岬さんも魅力的ですが、モト彼の青児もすごい魅力的だった。
こういうのって確かに魔性ですね・・うらやましい(笑)
姉が嫉妬するのもわかるかも・・甘え上手なんだよね。

タイソンが挿絵ではちょっとブサイクでしたがかわいかったです。
犬ってやはりいいなあ。

1話目はミナトがストーカー被害に遭う話。
2話目は元カレの青児と再会するけれど、同時に岬さんも元カノであるミナトの姉と再会。
でも心配するようなことはなく、二人の絆は強かったです。
このままタイソンと一緒に穏やかで暮らしていけたらいいなあ。


拍手[0回]

PR

コメント

コメントする