忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

剛しいら「猫を愛でる犬」

剛しいら「猫を愛でる犬」を読みました。

うーん、いまいちだったな。
いつもながら動物大好きな剛さんらしく、犬や猫が登場。
そしてこれまた定番の、人間と動物を比較する内容で・・ちょっと飽きてます、ぶっちゃけ。

今回は、猫っぽい男が、硬派な男を前にして、本当はキングになりたいんだけどクイーンになったという話。
キングやクイーンや、なんじゃそりゃという感じですがね。
まあ、ポジションを奪うぞーと計画してるんだけど、結局奪えないというもの。

硬派な男は朴念仁なところもあって、全く動じず、猫を手の平で転がしてるんだけど、情に厚いところもあって・・まあ、いい男ですけどね。

ロバートがストーカーに合ったりして、東陽がほだされていく感じですか。

でもポジションとりがメインになって、あまり恋愛の情熱は感じられなかったので、読むのが大変というか面倒くさいと感じてしまいました。
これはいまいちだったなー。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする