忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

剛しいら「ボクサーは犬と歩む」ドクボクシリーズ5

剛しいら「ボクサーは犬と歩む」ドクボクシリーズ5を読みました。

面白かった!徹が天使でありながら、大人の男として成長しているので、いい話だなあとじんわりしながら読むことが出来ました。
そして変態の加藤先生も少しだけ・・成長したような・・

今回は加藤先生の母親が、いきなり家に来ることになりました。
母親はセックス依存症のため、そんな母親を徹に見せたくない加藤先生は、友達に家にでも泊まっててほしいと言われます。
徹は、加藤先生が自分を母親に紹介したくないんだ・・と落ち込むけれど、そこからの行動が成長したなあと感じました。
犬の世話や掃除のためといって、二人で暮らしていた家をこっそりのぞく。
そうしたら母親がいて、やはり徹は誘惑されるけれど、逆に心に病を持っている母親を癒すという天使っぷりをいかんなく発揮!
徹のおかげで、加藤先生と母親の距離も少し近づいたような・・


そしてもう1つは、徹の対戦相手である東大出身のボクサーが、卑怯な手を使って心理的にかく乱させようという話。
天使の徹はそういう下世話なことには心が動かされないけれど、加藤先生と一緒に逆になってハメてやろうというところに、ドキドキしながら協力するところが可愛かったです。
そして加藤先生、ねっとりと相手の身体を嘗め回すように見たというところに笑ってしまいました。
東大ボクサーは最後まで卑怯だったけど、徹の言葉にスカっとしました。
負けるのが嫌、恥をかきたくないというのはわかるけど、猫の死骸を家の前に置くとかそういうことは限度を超えているので、読んでいてムカツいていたから、すっきりしました。


ノアが訓練所に行ったけど、表紙絵も挿絵もワンコたちが可愛くて満足でした。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントする