忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

剛しいら「サマー・ヴァレンタイン」

剛しいら「サマー・ヴァレンタイン」を読みました。

読み始めてから気付きましたが、これの前に「ビター・ヴァレンタイン」という作品があり、その続編になります。
「ビター・ヴァレンタイン」はblcdになっていて、聞いたことがあるんだけど全く覚えていませんでした。


作品としては、いまいちだなーという感じ。
すでに出来上がったカップルの痴話げんかを見せられているだけです。

チョコーレートプレイというか、変態プレイが肝のようなんですが、それも別に・・という感じ。

永田の兄がすっごい変態だったということはわかりましたが。
子供に手を出すのは絶対にダメですね。
結局、永田は家族とも和解することもなく終わってしまいました。

当て馬というには微妙な人が出てきましたが・・・
それも特に話しに絡んでくることもなく・・

どうやら、前作から永田がかなり横暴というか、傍若無人な奴だったようなんですが、今回はちゃんと克彦の事が好きなんだよと伝わるような感じだったとか・・
でもシリーズだと知らずに読んだ自分としては、何だ、この永田ってやつって少し思いましたけどね。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする