忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

桂生青依「彼は溺愛にとろける」

桂生青依「彼は溺愛にとろける」を読みました。

この本の1つ前に読んだパンの話もひどかったですが、今回もいまいちでした・・
ただどちらかというと、パンよりはマシだったかな・・

でもツッコミどころも満載で、全てに中途半端でした。

死んだといわれていた父が実はずっと生きていたけど事故死して、父の超金持ちな実家に引き取られていきなり後継者になるという話。
別に父の実家に交際を反対されていたわけじゃないのに、母親が身をひいたっていう設定に、は?って思いました。
さらに母親があっさり、主人公を手放すことに、さらには?ってなってしまいました。
おじいさんの印象も最後まで薄いというか、存在がないのと同じだし。

しかも執事も何だか中途半端で・・
いや、とにかくすべてが中途半端でいまいちでした。

あー、桂生作品もこれまで何作も読んできたけど、今のところ「Sweet Sweet Home」だけだわ、良かったのって。
今また別の桂生作品を読んでるけど微妙なんだよな・・
面白い作品にであればいいけど・・


にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする