忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

有栖川有栖「暗い宿」

有栖川有栖「暗い宿」を読みました。

アリスシリーズですが、国名シリーズではなく、宿に関するものだけを集めた短編集。
アリスシリーズは長編の方が面白いので、いつも短編は物足りなく感じていたのですが、この短編集は面白かったです。
今までのアリスシリーズの中でも一番好きかな。

包帯男の話はドラマ化されてましたが、全く忘れていました。
最後の火村先生が自首なんかするなというところがシュールで怖いなあと思いました。
でもそこがいいのですが。

そしてホテル・ラフレシアは何ともやるせない終わり方。
最後まで旦那さんって悪い人だと思ってました・・私って見る目ないな。
火村先生は、嘘をついているのか本当のことを言っているのかわかるようで・・人間の本質を見抜けるのはうらやましいです。

廃業することになった宿ですが、女の怖さというか何というのか・・・
でも田舎って閉鎖的なのでこういうことありそう。
突然行方不明になるって、考えたらすごく怖いなあと思います。

この前、警察のホームページを見ていたら、身元不明者リストなるものがあって、結構な人の数が並んでいました。田舎なので、都会から自殺に来る人が多いんでしょうね・・・
なんかその人の家族や親族が今も探しているのかと思うと・・・怖いなあ。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする