忍者ブログ

言いたい放題の読書感想文

ジャンルを問わずいろんな本を読んでいます。 さいきんは、BLやロマンス小説が多いです。

有栖川有栖「ペルシャ猫の謎」

有栖川有栖「ペルシャ猫の謎」を読みました。

全体的には、まあまあという感じ。
国名シリーズですが、いつもと少し違った小編も収録されているので、作家アリスシリーズが好きな人にはちょっと嬉しい趣向。

特に残ったというのもはないのですが…特に表題作は微妙だった。
「切り裂きジャック」もやはり中二病な動機で・・・
結構、アリス作品は、動機がありえないというのが多いですね。
論理的推理を構築したいからなのかもしれませんが、そのせいで動機が弱くなっているように感じます。

「赤い帽子」というのは、警察内だけで読める冊子に掲載されたということで、そういうものがあるのかと少し気になりました。
あとがきで科捜研なども見学させてもらったとありますが、役得ですな^^v
そしてこの「赤い帽子」が一番面白かったように感じました。
バーのママの部分で、松本清張のパロディだと思ってくださいとありましたがわからなかった・・ミステリー好きな人はそういうところも楽しめますね。

「暗号を撒く男」の被害者は、まあ少しは面倒くさい人なんだけど、悪い人じゃないんだよね。
こういう人が殺されるのは、何ともかんともですね。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする